初心者でも安心の屋形船ガイド【関東版】

屋形船ガイド

屋形船の魅力

「万葉集でも詠われている歴史ある船」

thum
屋形船は古い歴史を持ち、その原型は日本最古の歌集「万葉集」で詠われています。もともと屋形は、太陽の光や雨露を凌ぐために作られた「苫(とま)」が発展し、平安時代以降、貴族の遊船や年貢輸送船、官船、商船などに装備されるようになりました。貴族が乗る船に取り付ける屋形と庶民用の商船の屋形は、その目的の差から、装飾も構造も大きく異なっていたようです。

「最高級文化だった屋形船」

thum
貴族の遊船だった屋形船は、江戸時代に入ると大名や武家が持つようになりました。この時代の屋形船は、金・銀・漆などで装飾され、船上で芸者衆と遊ぶことを目的に乗船するのが一般的だったようです。船の大きさも、長さ十一間(約20m)・幅約3間(約5m)と巨大となるなど、煌びやかな時代が続きました。屋形船が「料亭よりも格式が高い」と言われるのには、こんな理由があるのです。

「高級感とエンターテインメント性を兼ね備えた屋形船へ」

thum
昭和20年頃には、水質汚染や戦後の不況などにより、屋形船遊びの人気に陰りが見えるようになります。しかし、昭和の終わり頃に、現在のようなカラオケなどを搭載したエンターテインメント性のある屋形船が登場すると、再び人々の心を掴み、人気も復活しました。それまでは、主に20名程度が定員でしたが、最近では100名程が乗船できる大型の屋形船も登場しています。